宇宙人ポール/ギークな僕らとエイリアンのロードムービー

Paul

宇宙人ポールPaul/監督:グレッグ・モットーラ/2011年/アメリカ・イギリス


オタクな2人が出会ったのは、アメリカ人みたいなエイリアンのポールだった!


洋盤ブルーレイで鑑賞。見たのは2011年の8月で、この感想を書いたのも8月です。

アドベンチャーランドへようこそ」「スーパーバッド 童貞ウォーズ」の監督、グレッグ・モットーラの最新作。主演は「ホットファズ;―俺たちスーパーポリスメン!―」「ショーン・オブ・ザ・デッド」のニック・フロストサイモン・ペグ。わたし挙げた作品ほとんど観ていないのですいません。

ポール(Paul)あらすじ:ボンクラ2人がエイリアンに出会ったが…。

クライヴ(ニック・フロスト)とグレーム(サイモン・ペッグ)はイギリスから来たオタク。キャンピングカーでエイリアンゆかりの地をめぐるうち、ひょんなことからエイリアンのポール(声:セス・ローゲン)と出会うのでした。

ポールは、見た目と特殊能力以外は完全にアメリカ人なんです。しかも、すっごい気さくなイイ奴。嫌なことも言ってたかもしんないけど(日本語字幕がないのでわかんなかった)、でも少なくとも嫌なヤツではないよ。

ネタバレはないと思います。
おすすめ
ポイント
グレッグ・モットーラ監督、ニック・フロスト&サイモン・ペグが好きな人におすすめ。
「未知との遭遇」「スターウォーズ」「エイリアン」などSF映画へのオマージュもたっぷり。
ポール(Paul)彼らは旅の途中、ルース(クリステン・ウィーグ)というキリスト教原理主義者の女性と出会います。父親がものすごい厳しいのね、宗教的な意味で。

で、ルースは完全になりゆきで家出をしてポールたちと旅をすることになるんだけれども、ガッチガチのキリスト教原理主義者なので、進化論とかまったく信じていないし、ポールのことを悪魔だと思ってしまうの。

ぎゃあぎゃあわめくルースにほとほと困り果てたポールが、ある特殊能力を使い、彼女の意識を完全に変えてしまうんです。
ポール(Paul)わたし、このシーンほんとすごいと思いました。
今まで数百本、それでもまだ数百本程度ですけれども、映画を見てきて、『無神論者だった人が、あることをきっかけに神様を信じるようになる』という展開は見たことがありますが(ぱっと思いつくのでは「リーピング」とかね)逆は珍しい。

例えば、『敬虔なクリスチャンだったけれども神様は助けてくれないって解ったから信仰心を捨てる』とかいうのは、あるとおもうんです、ちょっとぱっと具体的な作品名はでませんけれど、きっとある。

でもルースはほとんど一瞬なの。彼女はクリスチャンの中でも極端な人ですし、ものすごくそれを強調し茶化した描き方をしてはいます。おかしな人だし迷惑なことをするんです。その「手に余る感じ」を差っ引いてもですね、ここまではっきり、きっぱりと、ほぼ一瞬で信仰を捨てる描写があるっていうのはすごいなーと…。
ポール(Paul)お話としてはね、もうすごい安定感ですね。コメディですから、基本の物語は定番のものでいいんです。で、「宇宙人ポール」は、他の映画へのオマージュというかパロディがたっぷり入っている。

これは「スーパー8」とはまったく違った形で、たぶん「最終絶叫計画」とかに近い。「スーパー8」は元ネタ知らなくても問題なく見られる映画だけれど、「宇宙人ポール」や「最終絶叫計画」は元ネタ知らないとわかんなくてもったいない、そういう意味で。この映画のオマージュ方法って「スーパー8」と比べるとありきたりなんだよね。わたしいっつもこれ言ってるけど(笑)『ありがちだから面白くない』とかいうことって、たぶんないんだよ、うまくできてれば。
ポール(Paul)とりあえず「未知との遭遇」だけは見ておいたほうがいいと思います、わたしは今まで見たことがなかったので、「宇宙人ポール」を見るために「未知との遭遇」見ました。わたしもUFOに連れて行かれたいよー。

クライマックスにはある大物女優が出てきて…ってポスターに名前書いてありますけど…セルフパロディみたいになってる。この人はほんと偉いな〜。

海外のレビューをちょっと読んでみたら「監督がエドガー・ライトじゃないから不満」っていう意見もちょいちょいありました。でもそれはどーかな、ニック・フロスト&サイモン・ペグのコンビだったら監督はエドガー・ライトでなけりゃあならん! って、それはね〜どうかな〜了見が狭いんじゃあないんですかね〜。

この映画も、人を傷つけようというつもりのない、やさしい映画ですんで、どなたにでも安心しておすすめできると思います。ラストは感動というか、ああ、よかった〜ってすごいほっとしたよ。
ブルーレイには劇場公開版とアンレイテッド版が入っており、両方見ましたが、続けて見たわけではないというせいもありどこが違うのかちょっとわかりませんでした。

photo
宇宙人ポール ブルーレイ+DVDセット(デジタルコピー付) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-07-04
評価

by G-Tools , 2012/06/19

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
原題PAUL監督グレッグ・モットーラ出演サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジェイソン・ベイトマン クリステン・ウィグ セス・ローゲン(声)公開2011年 12月
  • 映画 K'z films 2
  • 2011/12/19 9:06 PM
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のサイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディ。ポールという名前の宇宙人と、オタクの青年2人がアメリカ大陸のミステリースポットを旅してゆく。ポールの声を『50/50 フィフティ・フィ
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/12/27 12:15 AM
年間ベストの季節です。今年はわたしにしては新作映画を多く見ているし、おもしろい映画も多かったので、ジャンル別にベストとワーストを選出してみました。ジャンルわけは当ブログのカテゴリに準じます。上半期のベストテンはこちら。 2011年上半期新作映画ベスト10
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2011/12/28 11:59 AM
ナードに栄えあれ。 スティーブン・スピルバーグによって生み出された、SF映画史上の金字塔「未知との遭遇」「E.T.」に影響された映画関係者は数多い。 この夏に公開された「SUPER 8/スーパー・エイト」も...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2011/12/28 10:35 PM
宇宙人ポール(サイモン・ペッグ、ニック・フロスト出演) [DVD]◆プチレビュー◆笑って泣けて、そして感動するSFコメディ「宇宙人ポール」。外国人から見たアメリカ文化評としても ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/12/28 11:14 PM
宇宙人はつらいよ 公式サイト。原題:PAUL。グレッグ・モットーラ監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/01/05 9:50 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在971件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM