X-MEN:ファースト・ジェネレーション/ゲイの生きづらさについての物語

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

X-MEN:ファースト・ジェネレーションX-Men: First Class/監督:マシュー・ヴォーン/2011年/アメリカ


プロフェッサーXとマグニートーが
「すき」「えっ」「君のこと全部わかってる」「はい?」「だから、すきだってば」
ってずっとやっています。


わたしは男ではないので、男同士の友情ってよくわかんないんですよ。だから男同士で仲良くしているようすを見ると、自分にもわかる関係性に引き寄せるんですよね、それがつまり恋愛感情だと思うんです。
というわけで、今回の感想にはゲイだゲイだといっぱい書きますけども、それはぜんぶ友情っていうことで、お願いします。怒らないで…。あと、「お前にゲイのなにがわかる」って言われると返す言葉もありません。わたしはゲイのことはまったくなにもわからないです。用語とか間違ってるかもしれないですがそこはご容赦ください。
まあ、あの、ゲイ監督として有名なブライアン・シンガーが製作で関わっていますので、ゲイ要素はもともとあるとおもうよ。

原作を読んでおらず前作は1しか見ておらずあまり覚えていないため、取りこぼしているところはあると思います。「ファーストジェネレーション」を見たあと前作3本を見たので、明日の更新で感想をアップします。
追記:アップしました。
あらすじ:テレパスのチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)(ジェームズ・マカヴォイ)は、レイブン・ダークホルム(ミスティーク)(ジェニファー・ローレンス)とともに超能力者を集める。金属を操れるエリック・レーンシャー(マグニートー)(マイケル・ファスベンダー)たちとともに、キューバ危機を回避しようとするが…。

※ネタバレしています。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

チャールズさん。のちのプロフェッサーXです。裕福な家庭に育ちましたが、両親は一切出てきません。彼がミュータント仲間を集めるのは、擬似家族を作りたいというのがあったと思います。

チャールズさんはチャラいです。人の心が読める能力を使ってナンパします。
幼い頃、家に侵入してきたレイブン(ミスティーク)をあっさり手なづけ、一緒に暮らしています。でも恋愛感情はないんですね。年頃の男女がひとつ屋根の下に暮らしてなにもないとか。


おすすめ
ポイント
幼少期のストームと、ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)がカメオ出演。
腐女子のみなさまがたにおかれましては、ご覧にならない理由がございません。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

レイブン(ミスティーク)。ナンパしまくるチャールズにイラッとして嫌がらせしたりします。チャールズはレイブンに「変身すんな、ホントの自分を見せんな」と言うわけです。チャールズだけがわたしのこと解ってくれる人なのに、ほんとのわたしは認めてくれないなんて。と、もやもやしています。

のちに、ある人に向かって「チャールズは見た目が普通だから、わたしたちのことはわかんないのよ」と言います。その人とは解り合えていたはずなんですが、「君は変身できるから僕の気持ちはわからないよ」って言われちゃうんですね。


ほんとの自分ってなんだろう、というのがこの人のテーマだと思います。ミュータントは全員「ほんとの自分」がテーマかもしれないですけど、この人は物語上わかりやすいので一番それを強く感じますね。
外見が普通の人と違う、それを気にして周りに合わせ続けるのは「ほんとの自分」なのかしら? でも、この青い肌は誰も受け入れてくれない、と悩み続けます。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

ハンク・マッコイ(ビースト)(ニコラス・ホルト)。たぶん童貞です。ずっとミュータントであることを隠して生きてきたので、プロフェッサーXたちと出会ったことで、承認欲求が満たされてしまいます。出会った時が最高潮なんですよ。

そして自分と同じ「見た目が変わっている」ミスティークに一瞬ではわわとなってしまうんですね。はわわ、この人は解ってくれる! でも童貞だからどうしていいかわかんない!
この人がミスティークに対して抱く感情は、親近感を恋愛と取り違えているだけなんですよね。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

アレックス・サマーズ(ハボック)(ルーカス・ティル)。身体からレーザーみたいなものをびょんびょん出します。原作ではサイクロップスの弟なんですけど、年齢が合わないのでサイクロップスのお父さんってことになっているっぽい?

ミュータント仲間をスカウトしにいくシーンと、修行シーンは映像的に盛り上がりますね。実は戦闘シーンより盛り上がるかもしんないです。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

アルマンド・ムニョス(ダーウィン)(エディ・ガテギ)。生存適応能力に優れており、水に入ればエラが生えるし殴られれば肌が硬質化します。長期の戦いには向いていますよね。

で、この人はある人と出来てんですよぜったい。一緒にゲームやったりしちゃってさ。その相手が身体から出したものを飲み込んだりするんだよ。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

他にスカウトされてきた若者は、トンボみたいな羽根が生えてて口から弾を吐くエンジェル・サルバドール(エンジェル)(ゾーイ・クラヴィッツ)と、超音波を吐いて空を飛べるショーン・キャシディ(バンシー)(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)がいます。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

セバスチャン・ショウ(ケヴィン・ベーコン)。敵です。かつて子供だったマグニートーさんをひどい目にあわせました。今はイケメンをはべらしています。

この人はエネルギーを吸収して若さを保っています。ケヴィン・ベーコンって老けないね、「告発」あたりのときからあんまり変わってないように見えます。ほんとにエネルギーを吸収してるんじゃないのかしら。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

セバスチャンの仲間、アザゼル(ジェイソン・フレミング)とエマ・フロスト(ジャニュアリー・ジョーンズ)。アザゼルさんは赤いほうね、瞬間移動するよ。最強なんじゃない? エマは身体がダイヤモンドになったりテレパスを使ったりします。

アザゼルさんがイケメンなのは見ての通りなんですが、エマがね、なんかね、この人ドラァグクイーンみたいなんですよね、キラキラしてるし。セクシーなのに作戦のとき以外でそのセクシーさを出してこないんだよ。セバスチャンの愛人でもおかしくないのにさ。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

セバスチャンの仲間がもう一人、クエステッド(リップタイド)(アレックス・ゴンサレス)。竜巻を起こしたりします。この人はセリフありません。たたずまいが007っぽいです。かっこいいよ。かっこいんだけどちょっとどんくさいとこがあって、びっくりするくらいダッサいシーンがありますよ。

この映画、敵のほうが明らかにかっこいいんですよね。生きづらさもあんまりないし。


敵のみなさんは、他人と違う自分を完全に受け入れているんです。そしてそれが武器になることも知っている。
普通の人とうまくやっていこうなんていう気はいっさいなくて、殺したっていいと思っている。元ナチスであるセバスチャンが、人間を支配下におこうと企むわけです。あのときはトップが俺じゃなかったからうまくいかなかったけど、俺ならもっと規模が大きくてもうまくやれるぜって思ってるのかもしれません。
セバスチャンって、ちょっとヨーゼフ・メンゲレっぽいよね。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

エリックさん。のちのマグニートーです。ナチスに迫害されました。プロフェッサーXとマグニートーは出会いのシーンからすごくてですね、暴走するマグニートーをプロフェッサーXが背後から抱きしめるんですよ。わー。そしてプロフェッサーXが「君のことは全部わかるよ。いろいろつらかったのも知ってる。君はひとりじゃないんだよ」とか言うんですよ。わー。

まああれです、ゲイのプロフェッサーXがゲイである自覚のないのマグニートーに言い寄ってるってわけです。僕は全部知ってるから、僕に任せてごらんよ。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

で、マグニートーは理解者であるプロフェッサーXの期待に応えようとするんですよね。

なんかもう無茶もするわけです、プロフェッサーXに銃を持たせて「俺を撃て」とか言うんです。銃を。持たせて。撃てと。受け止められるから銃を撃てと。銃を。

あとね、ミサイルでの感情表現があるんですよ。あっちいったりこっちいったりすんの、マグニートーの心の揺れ動きに合わせて。ミサイルが。いっぱい飛んで。ミサイルが。


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

プロフェッサーXが話せば解る派なのに対し、マグニートーは話し合いなんかで解り合えるはずはない派です。これはマグニートーが正しいんじゃないかと思います。

それでもプロフェッサーXは世間を変えられると思っている。マグニートーみたいに迫害されてきた人と違う、話してもわからない人がいるのを本当の意味で解ってはいないから、世間に希望を持っている。ここから先は、この映画では描かれないことですが…。


プロフェッサーXは最終的にアカデミー作ってミュータントどうしでひっこむわけです、それってマグニートーが言っていたとおりのことなんです。世の中は解ってくれないから、仲間同士でひっそり生きるしかない。

仲間=マイノリティ=ゲイというわけです。だからね、人間の女の人がひとり、ずっと関わってたんですけど、その人のことは排除してしまうんですよね。ヘテロとは暮らせないんです。解り合えないから。ゲイのコミュニティの中にひとりだけヘテロがいれば、その人がマイノリティになってしまうから。
あと、その女の人は最初に「使える武器は使わなきゃ」って言って女を武器にする、性を武器にするんです。

なんでマイノリティ=ゲイと言うのか、マイノリティって他のもあるんじゃないのか、っていうのはですね、ミュータントが、それまでの人生の中では正体を隠して生きてきた、というのがあると思うんです。アザゼルさんは見た目が真っ赤っかなのと普段の様子がわかんないのでともかくとしてですね、それ以外の人たちは、周囲に合わせることがいちおう出来たんですよね。でも、「ほんとの自分」と「周囲から見た自分」との間の葛藤を抱えて生きてきたんです。たとえば人種的なマイノリティだったら、隠すことはできないですからね。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

そこについては若者たちが特にわかりやすくて、ビーストは「聞かれなかったから、言わなかった」と自分の正体を隠していました。

エンジェルは性産業に従事し「男はバカだから」と距離を置いています。

ハボックは「なぜか周りとトラブルになる」、能力、つまりゲイであることとは別のところに生きづらさの原因があると思っています。ゲイである事実からは目を逸らしているんですね。


バンシーは女の子にふられてヤケクソで能力を使う、ヘテロに相手にされなかったからゲイであることをチラ見せして相手を引かせてしまうんです。

そんなふうに生きてきたから、仲間が集められたときに、わあわあはしゃいで能力を解放する、本当の自分をさらけだすんですよね。今までの生活がそれなりに満たされていて彼らほどの生きづらさがなかったプロフェッサーXは、彼らの奔放っぷりに怒っちゃうし、そもそも他者との深い関わりをもってこなかったマグニートーは、共感能力が低いためになにやってるのかよくわかんなくてあぜんとしているんですよね。

それでねえ、結局のところ、プロフェッサーXがマグニートーをえんえん口説いて口説き倒し、マグニートーがとうとう落ちたとたんに手のひらを返して「あ、なんかちょっと違うみたいだわ、付き合えない」とつっぱねるという、プロフェッサーXはすごいヒドイ人なんじゃないかと思いましたね。だからねーマグニートーは、すきだって言う気持ちがばれないようにヘルメットかぶるんだよ! ほんとはすきなくせに! 一緒にいたいって思ってるくせにさ! あーあ、うまくいくふたりのはずだったのに、解り合えないんだね…。

だいぶ褒めましたが、良くなかったところも書きます。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

あのね、舞台が1962年なんです。でもこの映画、服装からは時代感が感じられないんです。

マグニートーはタートルネック着ています、ダーウィンの身体にフィットしたポロシャツなんかもそんなかんじですけれど、女性陣の私服がね。エマがかろうじて近いですが髪型が、トップは盛って欲しいし、メイクももっと派手でいいと思います。

ポップになりすぎるとよろしくないと思ってのことなのかはわからないんですが、せめてコートをAラインにするとか、幾何学模様を取り入れるとかはしてほしかったなあ。スカートの短さはそれっぽいんですけど…。
エンドクレジットは60年代っぽいので、まったく意識していなかったというわけではないとは思います。


ちなみに、プロフェッサーXとエマがテレパシーで戦うシーンが提案されましたが、「インセプション」の発表により却下されました。

photo
X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-09-28
売り上げランキング : 23
評価

by G-Tools , 2011/08/10

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ウルヴァリン:X-MEN ZEROX-Men Origins: Wolverine/監督:ギャヴィン・フッド/2009年/アメリカ・ニュージーランド・オーストラリア 他のX-MENシリーズとまったく切り離して見れば、面白いです。 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を見てから、「X-MEN」シ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2011/08/11 11:47 AM
アメコミの王道! 監督は【KICK-ASS】のマシュー・ヴォーン。 実は私、X-MENシリーズをちゃんと観ておりません。 けれど、全作観てる夫にちょいちょい確認を取りながら観終えました。 まぁ、「この...
  • 映画とYシャツと和菓子
  • 2011/11/03 4:40 AM
年間ベストの季節です。今年はわたしにしては新作映画を多く見ているし、おもしろい映画も多かったので、ジャンル別にベストとワーストを選出してみました。ジャンルわけは当ブログのカテゴリに準じます。上半期のベストテンはこちら。 2011年上半期新作映画ベスト10
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2011/12/28 11:59 AM
シャーロックホームズ シャドウゲームSherlock Holmes: A Game of Shadows/監督:ガイ・リッチー/2011年/アメリカ、イギリス 健やかなるときも、病めるときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、 その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/03/23 11:56 AM
映画の中で、グレーのパーカーを着ているひとは、孤独であることが多い 最近、映画を見ていて『グレーのパーカーを着ているひとは、孤独であることが多い』というのに気づいたんですね。それで、語呂も良いので『グレーのフードは孤独のメタファー』だとえんえん申し
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2013/09/06 11:44 AM
X-MEN:フューチャー&パストX-Men: Days of Future Past/監督:ブライアン・シンガー/2014年/アメリカ、イギリス もしもこの世を、変えられるのなら。 ユナイテッド・シネマとしまえん、F-11で鑑賞。2D字幕です。 あらすじ:過去へ行って未来を変えます。
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/06/01 9:57 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在998件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM