アジャストメント/運命は調整される

アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)

アジャストメントTHE ADJUSTMENT BUREAU/監督:ジョージ・ノルフィ/アメリカ/2011年


あなたの運命を正しい方向へと導く者たち。

フィリップ・K・ディックが好きです。本をまったく読まないわたしが唯一好きな作家です。ほとんど全作品を読んでいるのですが、「アジャストメント」原作の「調整班」は未読です。「調整班」は、「悪夢機械 (新潮文庫)」と「アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ文庫)」に収録されています。また、Silverboy Club - 悪夢機械であらすじが紹介されています。

ディックのよさは、不信感にあると思います。他人どころか自分さえも信じない絶望的な不信感。不均衡な世界に飲み込まれる主人公。だいたいどの作品もワンパターンなんですが、それが好きなんです。

あらすじ:若手上院議員候補デヴィッド・ノリス(マット・デイモン)は、ひょんなことからエリース(エミリー・ブラント)と出会う。しかし、ふたりの接触を妨害する者たちがいた。
アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)

調整班のみなさん。並んで歩くよ。

マトリックス」とかでもそうですが、追ってくる謎の集団というのはたいていまったく人間味のない人たちばかりです。

でもこの映画だと、うっかり居眠りしてミッション失敗とか、上司に怒られる…としょんぼりしたりとか、車道を走って追いかけてて車にはねられるとか、わりとどんくさくてかわいいです。デヴィッドさんをこそこそつけまわし、見つかりそうになるとササッと隠れたりもします。調整班もたいへんなんですよ…。


自分が置かれた状況を知って3年、デヴィッドさんはすっかり疑心暗鬼に陥っています。いつも監視されているのではないかときょろきょろしまくるわけです。調整班のみなさんは、デヴィッドさんの考えていることも読めると言っていましたから、もう大変です。

集団ストーカーという犯罪があります。いや、実際はありません。集団ストーカー被害妄想や思考盗聴は、統合失調症の症例のひとつです。「集団ストーカー」でGoogle検索すると、1ページ目にヒットするのはニコニコ大百科を除きすべてが「集団ストーカーという悪質な組織犯罪がある」と主張するものばかりです。「集団ストーカー 統合失調症」で検索しても、上位にくるのは「集団ストーカーは統合失調症ではない」という内容のものがほとんどです。

それだけ集団ストーカーに遭っている(と思っている)人が多いというわけですが、「アジャストメント」の前半の描写は、ご病気の方の症状を悪化させかねない内容ですね。わたしはこういうのが好きなので、デヴィッドさんの心が折れる様子をもっと見たかったです。

アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)

調整班の偉い人です。テレンス・スタンプです。

テレンス・スタンプおじいちゃんが、デヴィッドさんの正しい運命について話します。これがまた、今度は誇大妄想を助長させるような内容です。

テレンス・スタンプは歩いてるだけでかっこいいです、たまりません。けっこう走るシーンが多くてはらはらしました。おじいちゃんに無理させないで〜。


アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)

調整班のひとり、ハリー(アンソニー・マッキー)です。きれいな人なので調べたら「デザート・フラワー」「ハート・ロッカー」「ミリオンダラー・ベイビー」などに出演していました。わたしはどれも未見です。

ハリーさんが、いろいろと真実を教えてくれるのです。調整班のみなさんは「感情では行動しないが感情そのものはある」のだそうです。

この映画、前半は良いのです。病気っぽいところも、おいかけっこも、おもしろいんです。


調整班が『天使』と呼ばれることもあるとか、運命を記した『書』の存在とか、どうもキリスト教的なんです。
神の存在を他人に明かすと脳味噌をリセットされて廃人になってしまう設定なんですが、それさえ「きみたちの愛に感動した! 許す!」でお咎めなし、そして神に許された主人公が自由を与えられるというラストはね、安易すぎると思うんです。
運命は愛では変えられない、と別離エンドか、犯した罪は償うべし、と廃人エンドのほうが良かったなあと思います。バッドエンドでも、神の思し召しですからね。
せっかくいろいろな可能性があるのに、大多数のアメリカ人が好むようなありきたりのハッピーエンドに落としこんでしまったのは、たいへんもったいないことであるし、あまりに保守的すぎると思います。残念な映画でした。

エミリー・ブラントがマット・デイモンに渡した電話番号( (212)664-7665 )はユニバーサル・スタジオが所有しています。この番号は「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」「ラブ・ダイアリーズ」でも使われています。

わたしがディック原作映画で一番好きなのは「スキャナー・ダークリー」です。何度見ても大泣きです。原作は山形浩生訳の「暗闇のスキャナー (創元SF文庫)」と、浅倉久志訳の「スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)」がありますが、山形浩生訳のほうがいいですね。浅倉久志氏の翻訳はわりとさらっとしているので、ディックの他の作品だと読みやすくて良いです。「アジャストメント」原作の「調整班」は浅倉久志訳です。

photo
アジャストメント(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2011-09-16

by G-Tools , 2014/07/18

JUGEMテーマ:SF映画 一般
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。人間の運命が全てアジャストメント(調整)されていることに気付いた男が、それに逆らい自らの力で運命を切り開く姿を描いている。主演は『ヒア アフター』のマット・デイモン、共演に『ガリバー旅行記』のエ
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/05/27 8:10 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM