八日目の蝉/子を持つ親として

八日目の蝉

八日目の蝉2011年/日本/成島出


失われた4年間を取り戻す旅。

あらすじ:不倫相手の子供を中絶した野々宮希和子(永作博美)は、本妻である秋山恵津子(森口瑤子)が生んだ赤ん坊を盗み、逃亡する。希和子の不倫相手は、恵理菜の父、秋山丈博(田中哲司)である。希和子は赤ん坊に、堕胎した子につけるはずだった薫という名前を付け、実の娘として育てる。

4歳まで希和子に育てられた秋山恵理菜(井上真央)。大学生になった彼女は、実の両親と折り合いが悪くひとりで暮らしている。そして、封印していた記憶と向きあうため、かつての逃亡生活をたどるのだった。

八日目の蝉

恵理菜は、実の母親に対してどう接して良いかわからずにいます。ことあるごとに怒鳴り、暴れ、あげくの果てに刃物を持ち出してくるような母親なのです。

わたし、この実のお母さんはちょっと悪く描かれすぎていてかわいそうでした。物語の中の立ち位置としては、これくらい醜くてよいんだと思いますが、夫は不倫し生まれたばかりの娘は誘拐され、戻ってきたと思ったらまったくなつかずに逃げ出し、娘が育ったと思ったら不倫して妊娠したあげくに「お母さんはあのひと(希和子)に『堕胎するなんて最低』って言ったんでしょ? それなのにわたしには堕胎しろって言うわけ?」って言われちゃうしで、もう、なんにもいいことないんですよ。


それでも娘には嫌われたくない、愛されたいと思っている、どうにもうまくいかない様子がねえ、悲しすぎます。なんかね、小さい子供が事故や事件で死んだとき、親が責められること多いじゃないですか? 子どもを失って一番悲しいのは親なのに、責められてしまう。自分が一番自分を責めているのに、追い打ちかけなくていいじゃないっていう。失われた4年間を取り戻すべきなのはお母さんのほうで、しかしそれはどうしても取り戻せないものなんですよね…。
八日目の蝉一方で希和子は、最初こそ乳飲み子をかかえておろおろするものの、恵理菜とは幸せな暮らしをしているのです。エンジェルホームという女のみで構成されたヤマギシ会のような団体に参加したあと、そこを抜けだして小豆島へ行きます。

エンジェルホームでも小豆島でも仲間はずれになどされず、まったく普通の母子家庭といった感じです。
エンジェルホームでの生活の様子は、エンジェルさん(余貴美子)のうさんくささが良かったのですが、小豆島は冗長ぎみでした。美しい島で仲良く幸せに暮らしていたっていうことはわかったから、わかったからもういいよ、と思いましたね…。意図はわかるんです、愛にあふれた生活をみっちり描きたいというのはわかるんです。しかし長い。そして観光スポットをあれこれまわるので、なにか大人の事情があるんじゃあないのかしらんっと思いました。

たぶんですけど、希和子と『薫』に感情移入出来るか出来ないか、つまり小豆島での描写に乗れるか乗れないかが、この映画を好きになれるかなれないかの境目なんじゃあないのかなと思います。ここにさえ乗れれば、この映画はきっと忘れられないものになるのでしょう。わたしはどうしても実のお母さんが気の毒でならず、希和子には良い感情を持てませんでした。希和子のやったことが犯罪だからというわけではなく、実のお母さんの扱いにショックを受けていたからです。

最初に、裁判所での希和子と実のお母さんの独白があります。この映画は、物語を通して「最初に二人が言っていたとおりだった」とわかる、という構成なんです。失われた4年間をたどることによって「最初に二人が言っていたことと、事実は違った」とわかる、というのがふつうの構成だと思います。型通りにしなかったことに理由があるのか、ないのかわからないですが、ちょっと変わってることは確かです。

八日目の蝉さて、小池栄子です。誘拐事件について恵理菜を取材しようとしているフリーライターの千草です。常に猫背で、気が弱いのか横柄なのかわからない失礼な態度が多く、早口で、声の出し方からして気持ち悪いんです。これには彼女の生い立ちに関係する理由があり、なるほど納得の気持ち悪さです。

小池栄子は演技がうまいという噂を聞いていましたが、ほんとに良かったですね。ちょっと大袈裟な演技かとも思いますが、キャラが濃いしこれくらいでいいと思います。この映画はみんな演技うまいですね。
八日目の蝉ただ子役だけはちょっと…同じせりふを繰り返し言わせるシーンが多くて嫌でした。

この映画に出てくる女の人はみんな、しょうもない男のことは責めないのです。どうも男性の存在は無視されているようにも思え、まるで子供は女ひとりで産み育てるものだといっているように感じます。この映画が母性についての物語だからでしょうが、子どもを産む者と産まない者、産めない者との間に不必要なまでの溝を作っているようにも思えます。
わたしねえ、「子を持つ親として」っていう言い方がすごくにがてなんです。そこを強調するのはなぜなんだと思うんです。子どもがいると考え方が変わるんでしょうね、そしてわたしはそれが怖いんです。

この映画、『子を持つ親として愛について語ってみました』といったにおいがするのです。もしかしたらわたしに子どもがいれば見方が変わるのかなあと思うんですが、今は『あなたには子どもがいないからわからないかもしれないけど』と線を引かれたような気分になりますね。それに、子どもの有無で映画の見方が変わるかもしれない、っていうのも怖いんですよね…。

もやもやとしたところの残る映画でした。映画としてはよく出来ている、よく出来ているなんてずいぶんえらそうな言い方ですが、よく出来ていると思います。ちりっとひっかかるところもあるんです、でもそれはふだん「まあまあ、映画ですから」でスルーしているようなことだったりするんです。だからもう、小豆島に乗れなかった、その一点につきます。

photo
八日目の蝉 [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント 2011-10-28
売り上げランキング : 863
評価

by G-Tools , 2011/08/10

JUGEMテーマ:邦画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト母性というものの無条件の強さを感じさせる物語だ。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。不倫相手の ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/05/13 9:56 PM
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/05/13 10:50 PM
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘とし
  • だらだら無気力ブログ
  • 2011/05/14 12:56 AM
2011年 日本 監督:成島出 出演:井上真央    永作博美    小池栄子    森口瑤子 八日目の蝉が見たもの。 ネタバレ有りです。 雨の日に起きた誘拐事件。 誘拐さ ...
  • 菫色映画
  • 2011/05/14 4:05 AM
角田光代著の同名小説を映画化したドラマです。 原作もドラマも好評でしたけど、未見のままでした。 今回はじめて知った世界は、子を思う母の深い愛情と、愛を覚えていない子の痛みが心に残る物語でした。
  • とりあえず、コメントです
  • 2011/05/14 10:17 AM
不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、警察に逮捕されるまでの4年間にわたりその子を我が娘として強く愛し続けた逃亡生活の顛末と、そんな誘拐犯に育てられた少女がやがて大学生へと成長したのち、果てしなく遠く感じていた自らの過去と向き合う姿を描いた直木賞作
  • 俺の明日はどっちだ
  • 2011/05/17 6:08 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1003件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM