ニコラス・ケイジのウェザーマン

ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

ニコラス・ケイジのウェザーマンTHE WEATHER MAN/2005年/アメリカ/ゴア・ヴァービンスキー


雨が降るのか、晴れるのか、明日のことは誰にもわからない。

ニコラス・ケイジのウェザーマン」です。「ニコラス・ケイジのウィッカーマン」ではないです。ニコラス・ケイジの「ウィッカーマン」もそのうち見ます。っていうかニコラス・ケイジでない「ウィッカーマン」もそのうち見ます。「ウィッカーマン」のことはもういいです。「ウェザーマン」です。ニコラス・ケイジ。お天気キャスターです。地方局でお天気キャスターをやっています。「西高東低の冬型の気圧配置が〜」とか言ってます。でも学位を持っているわけではありません。ただ原稿を読んでいるだけです。毎日2時間、カンペ読むだけの仕事です。楽です。楽でも楽しくはありません。しょっちゅう物を投げられる。サインを断れば悪態つかれる。財布には1ドルしか入ってない。嫁とは離婚、娘は肥満、息子は薬をやってるらしい。偉大なる父親は小説家で、ピューリッツァー賞も獲っています。ああ、偉大すぎる。ああ、どうにもならん。
ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

ニコラス・ケイジはシカゴで働いています。毎日降り続く雪。寒い。暗い。気分が落ち込む。ああ、どうにもならん。映画では、よく登場人物の心境にあわせて天候が変わりますが(泣くと雨が降るとかのアレ)すっきりしない天気はまさにニコラス・ケイジの心境を物語っているのでしょう。

話は前後しましたが、ニコラス・ケイジの役名はデイヴィッド・スプリッツといいます。ほんとうはプリッツという姓なのですが、上司に「『Spritz』のほうがおもしろくない?」("Spritz"は小雨という意味)と冗談交じりに決められてしまいました。ニコラス・ケイジは自分がからかわれるのは名前のせいだと思っています。



ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

偉大なお父さんです。マイケル・ケインです。ちょうセクシー。ちょうかわいい。ちょうすてき。たまらん! 最近好きな俳優の年齢がどんどん上がっていき、とうとう『50代でもまだ若い』と思うようになってきました。今アツいのは70代ですよ。

お父さんは賢くて物静かな人です。が、ときどきニコラス・ケイジをどきっとさせるようなことを言います。

「お前の娘は学校で『キャメルトゥ』というあだ名をつけられているようです」
「えっお父さん、キャ…キャメルトゥの意味を知っているんですか」
「ふむそれはつまり服が食い込んで女の割れ目が見えているということです」
「………!」


ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

ニコラス・ケイジと肥満児の娘シェリー(ジェメンヌ・デ・ラ・ペーニャ)。どんくさいです。

ニコラス・ケイジはなんとかして娘に、キャメルトゥにならないような服を着せたいと思っています。でもそのことをはっきり言うわけにはいきません。あああ、どうしよう。ああ、どうにもならん。

娘がアーチェリーに興味を持っているというので、高い道具を買い与えレッスンに連れていきますが…。ああ、なんてこらえ性のない娘なんだ。ああ、どうにもならん。


ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

ニコラス・ケイジは考えます。

「全国放送のお天気キャスターになれれば、きっと別れた妻とうまくいくし娘はいじめられなくなるし息子も非行に走らなくなる、お金も儲かるしいいことずくめに違いない、ニューヨークで心機一転人生をやり直すんだ、俺は一発逆転を目指すぞ!」

と、このように、どうにもならん、どうにもならんとヨボヨボしているニコラス・ケイジが、一発逆転にすべてを賭けて…というおはなしです。すべてを賭けて何をするかというと、ヨボヨボします。でもまあがんばったとおもうよ(上から目線…


ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

ニコラス・ケイジはアーチェリーをやりはじめるのです。天気予報は命中させられませんがアーチェリーなら努力次第でなんとかなるというわけです。人生もきっと努力次第でなんとかなる、というように持って行くと思うでしょう、思いますけれど、そうはいきません。そこは冷たかった。努力なんぞでうまくいくんであれば、誰だって成功するだろうよ、そうはいかんのだよ、というわけです。やー、きっぱりしてます。

ニコラス・ケイジは人を見下しておるのです。どうにもならん、と頭をかかえるいっぽうで、なんであいつらはああなんだ、なんで俺の思い通りにいかないんだ、俺がいつだって正しいのにと思っている、態度に出てしまっています。ばればれです。


ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

そんなニコラス・ケイジでも、ひとりだけ尊敬している人がいます。お父さんです。お父さんは、「人生はクソだ。クソだから捨てるものは多い」と言います。ずっと上品な言葉遣いだったお父さんから出た言葉とは思えません(ニコラス・ケイジはファックファックいいまくって元嫁に怒られたりしています)。

お父さんはわりと早い段階で病気であることが判明し、どんどん弱っていくのですが、病気のこと、死ぬことを怖がっている様子もないのですね。そういう態度がまたニコラス・ケイジにとって父親を遠くに思う要因になっているのかもしれないなあと思います。

お父さんに認められたい気持ちでいっぱいのニコラス・ケイジにとって、お父さんは手の届かない人でした。どこか遠くにいるようだった偉大な父親からの一言で、ニコラス・ケイジの心持ちが変わるのです。


ほんの少しだけでも風向きが変われば、明日の天気も変わります。たとえ何かを失ったとしても、それは自分で捨てたものです。

ニコラス・ケイジのウェザーマン(THE WEATHER MAN)

監督は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー。他の監督作品は「パイレーツ・オブ・カリビアン」1作目と「マウス・ハント」しか見ていないのですが、どちらとも全く違う作風だなっと思いました。耳に妙に残る音楽がとても良かったです。

ニコラス・ケイジのしょぼしょぼした顔もいつもどおりよいのですが、まつげがくるんとしてて超かわいいマイケル・ケインの飄々としたたたずまいが最高です。おじいちゃんいいよいいよー。


photo
ニコラス・ケイジのウェザーマン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
スティーヴ・コンラッド
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-06-23
売り上げランキング : 44423
評価

by G-Tools , 2011/11/02

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ニコラス・ケイジ主演「ウェザーマン」がApple Movie Trailers(US)に出ていた頃から、いつ公開するのだろうと思っていると、あららら、劇場未公開のビデオスルー発売になっているではありま
  • 映画雑記・COLOR of CINEMA
  • 2011/03/22 9:11 PM
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 日本未公開ながらも、ニコラス・ケイジが主役って事で期待半分、不安半分で 観たのですが・・・ どーもワタクシの好きなタイプの映画ではなかったです。 「シニカルな笑いに包まれたヒューマン・ドラマ
  • ぶっちゃけ…独り言?
  • 2011/03/23 4:42 AM
『THE WEATHER MAN』公開:2005年劇場未公開監督:ゴア・ヴァービンスキー出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ケイン、ホープ・デイヴィス、ニコラス・ホルト、マイケル・リスポリ、ギル ...
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2011/03/23 12:59 PM
《ニコラス・ケイジのウェザーマン》 2005年 アメリカ映画 − 原題 − TH
  • Diarydiary!
  • 2011/03/25 9:58 PM
こないだ見た「ワールド・トレード・センター」のニコラス・ケイジは、 勇敢な警官役でキレがあったけど・・・ 今回は、ダメダメお天気キャスターみたいだぞっ。
  • ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
  • 2011/04/13 2:54 AM
もはやインターネットミームと化しているニコラス・ケイジ、画像検索すれば山のようにコラ画像が作られ、本人は『自分、インターネットやらないんで、よくわからないんですけど、なんでそうなるんでしょうかね』というようなことをおっしゃっていたらしい、ニコラス、
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/05/08 3:30 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM