キラー・インサイド・ミー/死んだ者は傷つかない。だから、死ね。

キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)

キラー・インサイド・ミーTHE KILLER INSIDE ME/2010年/アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ/マイケル・ウィンターボトム


ごめんね、痛いよね。すぐ終わるから大丈夫。愛してる。俺だってつらいんだ。もうすぐ楽になるよ。ひどいよね、びっくりしたよね。愛してる、さようなら。

1940年代のテキサス、悪党もいないのどかな田舎町。男前で親切で紳士な保安官、ルー・フォード(ケイシー・アフレック)には、教師であるエイミー(ケイト・ハドソン)という恋人がいた。結婚するかしないか曖昧なところで、特に文句はないんだけどどうかなあ、このままでもいいなあという感じ。

キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)ルーはある日、町外れの一軒家で売春しているジョイス(ジェシカ・アルバ)を訪ねる。上司から「地味にやってる娼婦だけど牧師連中がうるさいんで。逮捕してもいいし追い払ってもいいよ」と言われたのだ。

ルーがジョイスに「町から出ていきなさい」と告げると、ジョイスはとつぜん彼に平手打ちをする。かっとなったルーはジョイスをおさえつけ、ベルトで激しく彼女を打ち付ける…のだが、彼女がおとなしくなると急に「ごめん! 悪かった。ほんとごめん」と謝る。そしてなぜだか盛り上がってしまったふたりはセックスをし、そのまま付き合い始める。二股である。

キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)こんなふうに明るい映像と明るい曲で、映画は始まる。

しかし、ルーが、町を支配している建築業社長チェスター・コンウェイ(ネッド・ビーティ)に「あの娼婦をなんとか追いだしてくれ。うちのバカ息子(ジェイ・R・ファーガソン)が入れ込んでて迷惑してるんだ」と言われたあたりから、雲行きがあやしくなる。

ルーはある夜、ジョイスの元へ行く。そして、ひとしきりセックスを楽しんだ後、彼女をぼっこんぼっこんに殴って殺してしまうのだ。それはもう、壁まで吹っ飛び顔が変形するくらい殴る。「ごめんね、愛してる」と言いながら…。
キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)殺人を犯すのは、ほとんどの場合が普通の人です。生まれながらの殺人者というのは、そうそういるものではありません。たとえ心のなかでずっと殺人衝動を煮えたぎらせていたとしても、どうにかこうにか折り合いをつけて、そこそこの生活はしているはずです。

人が人を殺すとき、痴情のもつれでも、金銭トラブルでも、あるいは遊び半分でも、なんでもいいですが、なにか動機があったりします。それでもときどき、なんで? と思うような事件も起こります。断片的に与えられる情報では、当事者の心の動きはわからないからです。
キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)キラー・インサイド・ミー」は、主人公の心情がナレーションで入ります。だから、主人公の心の動きは確実に追えるはずなのです。

ところが、どうでしょう、これがまったくわからないのです。わりと饒舌に語っているにも関わらず。まるきり不可解なニュースを見ているかのようです。あらまあ、と思っていると、うまいぐあいに脇役が「どういうことだ?」とか言ってくれます。いやはやまったく、どういうことなんでしょうか。

続きはちょっぴりネタバレです。


キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)ルーは子供の頃、スパンキングプレイに目覚めます。ジョイスと出会ってSっ気が再びわきあがったんでしょうけれど、実はあまり掘り下げて描かれないんですね。ときどき「昔、こういうことがありましてなあ。年上の女をめいっぱい殴ってやりましたよ」という感じで回想シーンが入るくらいなのです。

ただ、おしりをばしばし殴る程度では、さほどまずいことをしているふうには見えません。原作の小説は1950年に発行されたものなので、時代が違いすぎて理解しにくいというのはあると思います。
キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)ルーの性癖に関して、描き方が不十分のようにも思えるんですが、人の性質が子供の頃にすべて決まるというわけでもないので、しりはあくまでもきっかけですよということなのかもしれません。

まったく不可解なことは、まだあります。もともとの恋人であるエイミーとの関係です。ジョイスを殺したあとしばらくの間、ルーはエイミーとごくごく普通のカップルのように過ごします。
キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)「久しぶりに安らいだ気持ちであることだなあ。しかしなあ、殺さねばならんのです」

この人、「愛している」と「死ね」が完全に同居しているんです。さらに、殺そうとするときに突然人が変わるわけでもないんですよ。声を荒らげたり、ひどく感情的になることもありません。「誰かが冷静でいなければならない」と言い、冷静だから殺します。これはわかろうとするほうが無理というものです。
キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)ちなみに男も殺すんですが、女の殺し方と比べて男はあっさりしています。愛していないからでしょうね。

わたしが一番おそろしいと思ったのは、田舎町ならではの濃密な人間関係の中で事件が起こったとき、「みんなが知っているすてきな保安官」が「あいつが悪い」と声を上げるだけで、対象となった人は抹殺されてしまう、というところです。ルーはそういった田舎の特徴と、自分が保安官であることも利用しています…といいたいところですが、わりと行き当たりばったりな気もします。
キラー・インサイド・ミー(THE KILLER INSIDE ME)結局、ルーがなぜ殺人を犯したのか、納得のいくような説明はされません。サディストだからとか、子供の頃のトラウマとか、きちがいだからとか、孤独だからとか、ぽつぽつとそれらしいことはあるのですが決定的なものはなく、かといってさまざまな要因が重なってというわけでもないように思います。

ようするにこの人は何も考えていないんですよ。「アメリカン・サイコ」のベイトマンみたいなんです。この人にはなんにもない、名刺をズギャーンって差し出すぺらぺら人間と同じなんです。っていうことで、納得しました。結論出なくてすみません…。
JUGEMテーマ:洋画
photo
キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2011-09-02
売り上げランキング : 2030
評価

by G-Tools , 2011/08/10

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ベルトで鞭打ち 【Story】 保安官助手として働くルー・フォード(ケイシー・アフレック)は勤勉で恋人(ケイト・ハドソン)とも仲良く、住民からも頼られる存在。そんなある日、ルーは娼婦のジョイス...
  • Memoirs_of_dai
  • 2011/04/16 10:18 AM
年間ベストの季節です。今年はわたしにしては新作映画を多く見ているし、おもしろい映画も多かったので、ジャンル別にベストとワーストを選出してみました。ジャンルわけは当ブログのカテゴリに準じます。上半期のベストテンはこちら。 2011年上半期新作映画ベスト10
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2011/12/28 12:00 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1027件の記事があります。

最近の記事
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM