コップ・アウト/あふれる80年代感

COP OUT

コップ・アウト COP OUT/2010年/アメリカ/ケヴィン・スミス


あふれる80年代感。あほバディものの血を絶やしてはいかんのです。

あらすじ:ベテラン刑事ジム・モンロー(ブルース・ウィリス)と相棒のポール・ホッジス(トレイシー・モーガン)は、捜査中にへまをして1ヶ月の停職処分をくらってしまう。娘の結婚費用をなんとしてでも払いたいジムは、レアもの野球カードを売ることにするが…。

音楽がシンセサイザーのぺけぺけした音で、YouTubeの話題が出てくるまで80年代の映画だと思い込んでました。カメラワークや編集なんかも特別に目新しいようなことはまったくなく、ストーリー部分も「娘の結婚式を俺の金で挙げたい」っていう目標のもとに主人公が動くため当然ラストは「娘の結婚式」なわけで、もうね、超よゆう。超あんしん。
COP OUT
おおよそ刑事とは思えない幼稚な言動を繰り返すポール。お前が…お前のせいで…。
「わざとじゃないのゆるじでぇ〜エグッエグッ」だって。小学生か! ジムはよくこんなお子さんと9年も仕事してるよね。
ポールは、かわいい奥さんが隣人と浮気してるんじゃないかと気が気でない。なさすぎる。奥さんはほんとにとってもかわいい。この映画に出てくる女の人はみんなすごいかわいい。

COP OUT
同僚の刑事、ハンサカー(ケヴィン・ポラック)とバリー・マンゴールド(アダム・ブロディ)。ジムたちがなにやらやらかしているのを捜査している。このふたりもとっても仲が良くって、こっちはこっちでバディものとして成立しているのがよい。ブーツのくだりなんかはぐっとくる。

COP OUT
いろいろあってジムとポールの手伝いをさせられるちんけな犯罪者、デイヴ(ショーン・ウィリアム・スコット)。たいへん身軽で屋根をひょいひょい渡っていくんだけど、スタントマンとショーン・ウィリアム・スコットの体格に差がありすぎて、屋根を渡るシーンになったらあからさまにやせているという。ハハハ。
それはともかく、人の口ぶりを真似したりして相手をイラつかせるのが大好きなようで、単細胞ポールを怒らせたりする。にやにや笑いがうざーい! う、うざーい! 

ところでこの映画、圧倒的に毛の量が足りない。敵がギャングなせいもあって、ハゲ坊主スキンヘッド勢揃いなんだよね。まるこい頭がいっぱい出てくるよ。実は登場人物の中で一番キャラ立ちしていないのがブルース・ウィリスのような気もしますがまあいいでしょう。うっかり吹き替えで見てしまいましたが、他の映画のモノマネなどをするので字幕のほうがおすすめです。

photo
コップ・アウト [Blu-ray]
アダム・シーゲル
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-07-20

by G-Tools , 2014/07/18

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
監督 ケヴィン・スミス 主演 ブルース・ウィリス 2010年 アメリカ映画 107分 アクション 採点★★★ ファンの心理ってのはなんとも面倒臭いもので、応援していた人が売れたら売れたで何か面白くない。お店なんかに対しても似たようなもので、急に繁盛して店が大
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2011/03/25 7:13 PM
ニューヨーク市警の2人のデカたちが停職中にも関わらず、事件に巻き込まれギャングと対決するハメになってしまうというアクションコメディだ。主演は「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス、共演にコメディ俳優トレイシー・モーガン。監督は『ファンボーイズ』
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/03/25 11:02 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM