スプライス/毒親と、かわいそうな子供

splice

スプライスSPLICE/ヴィンチェンゾ・ナタリ/2008年/カナダ・フランス


毒親と、かわいそうな子供。

毒親というのは、ざっくりいうと子供の成長(特に反抗期)を認めず、コントロールすることによって自分を守ろうとする親のことです。エルサ(サラ・ポーリー)のドレン(デルフィーヌ・シャネアック)に対する態度は、毒親そのものだなあっと思いました。

そもそも名付けがてきとう(NERDを逆から読んでDRENってどうなのよ)だし、「もう大人なんだからちゃんとしなさい!」と言って猫ちゃんを取り上げたのに、一晩で「プレゼントよ〜飼っていいわよ」と恩着せがましく戻すとか、態度が一貫してないんですよね。これじゃあ子供は混乱して当然ですよ。自分の母親からひどいことをされた話をしながらドレンに化粧をほどこし、「若い頃を思い出すわ」なんて言うのも嫌なかんじです。自らの失われた少女時代を取り戻すために、子を利用するのはいけません。まったくもってかわいそうなことですよ。それにさあ、すきま風はいりまくりで雨漏りまでする超寒そうな納屋に、薄着でしかもノーパンでずっとひとりぼっちなんて、ああドレンちゃんかわいそう。かわいそう。

splice
うまれたてドレンちゃん。動きがうさぎとかねずみみたいで超かわいい。餌を拒んでブーッて吹き出したりしてかわいい。まるいお菓子ぽりぽり食べてかわいい。子育てはたいへんだね。

ところで、熱が出たからといって水風呂に入れるのは対処法としてあっているのか…? このシーン、ドレンが異形の者だからあんまり気にならないですけど、人間の少女だと思って見ると目を背けたくなるくらいれっきとした虐待ですよ。そして、明らかに殺すつもりでぎゅうぎゅう沈めたのに、ドレンが無事だったとき、いかにも最初からわかってやっていました的な態度を取るクライヴ(エイドリアン・ブロディ)もたいがいクズだと思いますね! クライヴとエルサは子育てむいてないね!

splice
ドレンの手足はとてもよく出来てるなあっと思いました。特に脚。毛が生えていない獣脚の、筋肉の付き方や骨と筋の浮き方がすばらしい。製作総指揮にギレルモ・デル・トロが参加しており、デル・トロといえば「パンズ・ラビリンス」のパンさんが獣脚でしたけど、パンさんは毛がもさもさ生えてましたから、あれを剃るとこうなるんだなっていうのがわかりますね。

続きはネタバレとおっぱいです。
splice
おい! こら! クライヴ! だめだめ! 
この後のシーン、エルサが入ってきちゃって超きまずいかんじになるところすごい笑った。そして責任をおしつけあってケンカするクライヴとエルサ…。おまえらいいかげんにしなさい。
しかし、いったいなんの遺伝子をまぜたらこんな収納式の羽根が生えるんだろう。そして女の子時代のドレンちゃんはかわいいのに、男のドレンちゃんはいろいろ残念なかんじになっちゃいましたね。特に顔がね。

全体的になんだか小奇麗で、たとえば発表会大失敗シーンももしかしたらもっとえげつなくできたかもしれないですし(ドレンに毒針があるからって、あの生き物も針じゃなくたっていいじゃないですか。がばっと開いちゃったりしてもよかった)、ドレンに性欲があるという設定なのだから自慰行為シーンがあってもいい(むしろ観たい)、死に方ももっとデロデロウボアーなかんじでもよかったんじゃないかなっと、思います。ギョッとするようなシーンが少なくて、せりふもどこかで聞いたことのあるようなものばかりだったために、どうしても平凡なかんじがしてしまうんだろうなっと思いますね。もったいないです。

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
photo
スプライス [DVD]
ヴィンチェンゾ・ナタリ
ポニーキャニオン 2011-04-20
売り上げランキング : 18815
評価

by G-Tools , 2011/08/10

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督が送るSFスリラー。遺伝子操作で人間の遺伝子を組み込んだ新生命体を生み出してしまった2人の科学者カップルが辿る運命を映画いている。主演には『プレデターズ』や『エクスペリメント』のエイドリアン・ブロディと、『アウ
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/03/23 4:10 PM
Ost: Spliceホラー風味のモンスターパニックと思わせておいて、実は人間のエゴと狂気を描く心理サスペンス。DVDスルーになっても不思議はないキワモノ映画なのに、確信犯的に演技 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/03/23 9:10 PM
人間と動物の遺伝子を掛け合わせて新種の生命体を作り出してしまった科学者 夫婦の心理とやがて迫りくる衝撃の運命を描いたSFサスペンス。 主演は『プレデターズ』のエイドリアン・ブロディと『死ぬまでにしたい10 のこと』のサラ・ポーリー。 監督は『CUBE』
  • だらだら無気力ブログ
  • 2011/03/23 11:29 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在982件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM