パーフェクトブルー/「ブラックスワン」との類似と相違

パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

パーフェクトブルーPERFECT BLUE/1997年/日本/今敏


「あなたは誰なの?」「わたしは…」

パーフェクトブルー」が「ブラックスワン」に似ている、むしろ「ブラックスワン」の原作は「パーフェクトブルー」だ、と言われているようなので、見てみました。「ブラックスワン」はすでに洋盤ブルーレイで鑑賞済みです(当エントリにて「ブラックスワン」のネタバレはありませんが、内容に触れている部分はあります)。

パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

あらすじ:アイドルグループ、チャムに所属する霧越未麻(岩男潤子)は、アイドルから女優への転身を決意します。しかしそれは容易なものではありませんでした。マネージャーのルミ(松本梨香)は元アイドルで、未麻が女優になることには反対しています。

未麻は、ファンからの手紙によって、何者かが自分を騙ってサイトを運営していることを知ります。


未麻のアイドルっぷりがリアルにしょぼくて(ヒーローショーと抱き合わせの野外コンサートとか、成功してもオリコン80位台とか、安そうなアパートとか)そこがまずすごく好きです。もうちょっとアイドルでがんばったら売れるかもしれない、でももしかしたらだめかも、ここが運命の分かれ道なのかも、と悩んだ未麻が「やっぱりこのままではダメだ、新しいことをして変わらなければいけない」と決意したんだろうというのがわかるんですよね。あんまり給料よくないパッとしない仕事してて、このまま働き続けてもいいけど転職したほうがいいのかなあ〜って、何度も何度も悩んだことがあるので、よけいそこがリアルに感じるのかもしれないです。映画を自分の方に引き寄せ過ぎかもしれないんですが…。

未麻が「アイドルでいたい自分」「こんなはずじゃなかった自分」「変わりたい自分」のあいだで揺れ動いていくさまや、不審な出来事とその真実についてなどが、少しずつ積み重なっていくようすもとても良かったです。なにがなんだかわからない、自分のことがわからない、っていうのはやっぱりほんとうに大好きです。すごくおもしろかったですね。

「パーフェクトブルー」と「ブラックスワン」の類似と相違


パーフェクトブルー」と「ブラックスワン」の、似ているところと違うところを挙げていこうと思います。似ているか、違うかを書くと「ブラックスワン」のネタバレになってしまうので、挙げるだけで似ているかどうかは書きません(公式サイトの予告などから分かる範囲のことは書きます。それにしてもTVCMの予告はどうかとおもうよ…)。

パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

鏡の存在

鏡に写る姿は、他人の目から見た自分の姿です。アイドルである未麻にとって、他人(ファン)から見た自分の姿は大変重要なものです。また、自らを客観視する意味もあります。未麻はたびたび、鏡の中に自らの幻覚を見ます。鏡の中のミマは、鏡を見ている未麻に向かって話しかけてきます。それは、未麻の「アイドルとしての気持ち」であり、未麻はミマの言葉に翻弄されます。

ブラックスワン」でも、ニナ(ナタリー・ポートマン)は鏡の中に幻覚を見ます。バレリーナにとって鏡は練習などで自分の姿を確認するために必要なアイテムです。


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

性の強要

未麻は、ドラマでレイプシーンを演じたり、ヘアヌードを撮られるなど、自分の意志にそぐわない過激な仕事が増えてしまいます。本心ではそういった仕事を嫌だと思っていますが、周囲に流され断りきれません。


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

成功者と嫉妬心

未麻は、自分が脱退したあと2人組になったチャムが、アイドルとして成功していくのを目の当たりにします。最初はそのようすを冷静に眺めていますが、2人のラジオ番組収録中、2人とともに談笑するミマの幻覚を見てしまい、耐え切れずその場を後にします。それは2人への嫉妬心からではなく、ミマへの恐怖心からです。未麻はミマと向きあうことができません。

ブラックスワン」には、ニナが持たないものを持つ者が、自分の代役として現れます。その存在はニナをおびやかすものです。


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

精神的な、あるいは身体的な変化

未麻は、ミマの幻覚を見るだけではなく、現実と夢の区別がまったくつかなくなっていきます。ドラマの撮影をしていたと思ったら、ベッドに寝ているというのを数回繰り返します。未麻には、身体的な変化は現れません。

ニナは自分の背中にひっかき傷を見つけます。身体的な変化は、バレエが身体表現を重要とする芸術であることとの関連を感じます。


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

殺人事件

未麻の周囲で殺人事件が起こります。被害者は、未麻と関係のある人たちです。未麻は自分の部屋で血に汚れた服を見つけ、無意識のうちに自分が殺人を犯したのかと思い、激しく動揺します。殺される者は、未麻にレイプシーンを書いたり、未麻のヘアヌードを撮ったりした、アイドルの未麻のイメージを壊すような人たちです。犯人は、未麻の「アイドルとしてのイメージ」を守ろうとしていました。『誰が犯人なのか』という謎解きの要素があります。


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

強く望む者の存在

ミーマニアさんです。殺人事件の実行犯です。「アイドルの未麻」を愛しています。マネージャーのルミが黒幕で、「未麻は女優ではなくアイドルでなければならない」という勝手な希望をおしつけ、ミマを創り上げてしまいます。ミーマニアさんの部屋にびっしり貼られた未麻のポスターがいっせいにしゃべるシーンがあります。


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

入浴シーン

このシーンは「レクイエム・フォー・ドリーム」がそのまんまですね。動画貼っておきます。ダーレン・アロノフスキーは、このシーンを「レクイエム・フォー・ドリーム」で使うために、「パーフェクトブルー」のリメイク権を買いました。




結局「ブラックスワン」は「パーフェクトブルー」をぱくってんの?


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

たとえば「マトリックス」と「攻殻機動隊」が、「インセプション」と「パプリカ」が比べられてきたように、「ブラックスワン」と「パーフェクトブルー」は比べられるのだと思います。

そして、「マトリックス」と「攻殻機動隊」、「パプリカ」と「インセプション」が(もちろん)『違う映画』であるように、「ブラックスワン」と「パーフェクトブルー」も『違う映画』だと思います。


パーフェクトブルー(PERFECT BLUE)

ただ、「これで『パーフェクトブルー』の実写化はなくなったな」とは思います。ダーレン・アロノフスキーは「パーフェクトブルー」の実写化権を持っていますが、「ブラックスワン」を撮った今、「パーフェクトブルー」を実写化する必要はないですから…。

また、比べられやすいからといってどちらのほうが「作品として優れているか」というような上下はありません。両方とも素晴らしい映画です。


どちらのほうが「好き」かという好みの問題はあるとは思います。わたしは、「パーフェクトブルー」を観客の視線で見ていましたが、「ブラックスワン」はニナの恐怖を追体験するような気持ちになりました。その目線の違いは、単に違いであって差ではないのです。

photo
パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]
ジェネオン エンタテインメント 2008-02-29
売り上げランキング : 10661
評価

by G-Tools , 2011/08/10

photo
ブラック・スワン [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-03-16
評価

by G-Tools , 2012/09/03


JUGEMテーマ:アニメ映画全般
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
「アニメ映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ!」ワッシュさんのベストテン企画に参加しますよ。 【1位】 コララインとボタンの魔女CORALINE/ヘンリー・セリック/2009年/アメリカ あらすじ:あっち側のお父さんとお母さんの目がボタンで怖い。 かわいいし
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/11/06 11:47 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM