ブラック・クランズマン/KKKに潜入せよ!

ブラック・クランズマンBlacKkKlansman/監督:スパイク・リー/2018年/アメリカ


差別も憎悪もなくならないのか。


TOHOシネマズ新宿 スクリーン11 F-11で鑑賞。
マスコミ試写状をいただいたので行ったら、満席で入れず帰ってきた思い出。そういうことはよくあるので、どうしても試写で観たかったら2時間くらいは並ぶ覚悟で行かないとね。

あらすじ:黒人刑事がKKKに潜入します。

ネタバレはありません。
書くところがないのでここに書いておく、スティーブ・ブシェミにものすごく似た人が出ていて、ブシェミなのか? と思っていたところ、ブシェミの兄弟であるマイケル・ブシェミだった。

おすすめ
ポイント
まさかの実話。『グリーンブック』(2018年)見たあとだとなおさらグサッとくるというか……断絶しかないからね。

グリーンブック/ふたりの間に生まれたものは

グリーンブックGREEN BOOK/監督:ピーター・ファレリー/2018年/アメリカ


俺があんたを、守ってやるから


TOHOシネマズ新宿 スクリーン7 H-7で鑑賞。第91回アカデミー賞作品賞受賞作。

あらすじ:白人男性が、黒人ピアニストの運転手になります。

ネタバレはありません。
ストーリーにはあまり触れていません。

おすすめ
ポイント
粗野で大食いな男と、気品あふれる男のバディもの。

アメリカン・アニマルズ/それは、あまりにも苦い青春の1ページ

アメリカン・アニマルズAmerican Animals/監督:バート・レイトン/2018年/アメリカ


人生が、変わる。


マスコミ試写で鑑賞。公開は2019年5月17日です。はやくも今年暫定1位、近年の自分の傾向からいくと、年の初めの方で1位が出てそのまま年末まで突っ走るパターンが多く、『アメリカン・アニマルズ』もそれになりそうな勢い。

あらすじ:本を盗むぞ。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
初監督作と思えない地に足の着いた作りとスタイリッシュな映像。話がわかりやすくてありがたい。監督の今後にも期待したい!

メアリーの総て/怪物を産み落とした少女

メアリーの総てMary Shelley/監督:ハイファ・アル=マンスール/2017年/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ


それを作り出したのは、私。それを作り出したのは、あなた。


試写で鑑賞。公開は2018年12月15日です。

あらすじ:『フランケンシュタイン』を書いた少女の物語。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
衣装とかめっちゃかわいいしエル・ファニングも最高にかわいくて、でも出来事が最悪なのでギャップが凄い。

15時17分、パリ行き/圧倒的リアリズムと、物語としての面白さについて

15時17分、パリ行きThe 15:17 to Paris/監督:クリント・イーストウッド/2018年/アメリカ


ミニマムな世界観は、我々と繋がっているのだ、と


マスコミ試写で鑑賞。公開は2018年3月1日です。

あらすじ:アムステルダムからパリへ行く途中の電車で事件が起きます。

ネタバレはありません。
あらすじや予告などを見ていれば、特にネタバレになるような出来事はないため、ネタバレしていないという判断で書いています。

おすすめ
ポイント
実際にあった事件の当事者が出ています。
おじいちゃん映画
記事検索

現在1004件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM